1. HOME
  2. お金のコラム
  3. 資産運用
  4. 一棟アパート投資のメリットと注意点について

COLUMN

お金のコラム

資産運用

一棟アパート投資のメリットと注意点について

資産運用・投資

近年、会社員やOLにも人気の不動産投資。

原則、副業が禁止されている会社員や公務員でも、不動産投資は副業とみなされず、
OKとされるケースも多いようです。

では、不動産投資にはどのような種類があるのでしょうか?

不動産投資の物件種別を大きく分けると、
建物一棟まるごとの「一棟もの」(例:アパート、マンション、商業ビル)と、
建物内の一部屋の「区分」(例:マンションの一室、事務所の一室)に分けられます。
「区分」は、主にワンルームマンション投資と呼ばれるものです。

今回は、一棟ものの中で「一棟アパート」への投資にはどういうメリットや
注意点があるのかを確認していきましょう。

<一棟アパート投資のメリットとは?>
一棟アパート投資のメリットにはどのようなものがあるでしょうか?

まず、一棟アパートの最大のメリットは、オーナーの自由度が高い事があげられます。
建物が老朽化した場合、そのまま売却する以外の選択肢として、
更地にして土地だけ売却する事も可能ですし、新築アパートを建てることもできます。
また、敷地が余っているようでしたら、駐車場や駐輪場を作ったり、
自動販売機を設置して収益を得ることも可能です。

また、管理会社が新規居住者の募集を行ってくれない、きちんと掃除をしてくれない、
管理がずさんなど賃貸経営にありがちなトラブルが起こった場合、
管理会社を変えるだけで解決することもあります。

そのような場合でも、他のオーナーや住人と決議が必要なワンルームマンション投資と違い、
オーナーの意志だけで管理会社を変える事も可能です。

そして、一棟アパートは、基本的に木造や軽量鉄骨の低層住宅になります。
そのため、一棟マンションと比べると、メンテナンスが比較的、楽で安価になります。
一棟マンションですと、コンクリート造や、エレベータを併設している物件も多いので、
メンテナンスが大変で高価になる場合が多くなります。

無料のFP相談、無料のライフプラン相談を利用して、
ファイナンシャルプランナーに相談する。

<一棟アパート投資の注意点とは?>
一棟アパート投資の注意点としては、ワンルームマンション投資に比べると、
相対的に物件価格が高いので、いかに融資を受けるかが重要になります。

最近は、一時に比べて少し融資が厳しくなってきているようですが、
安定収入のある会社員は、自営業者に比べると金融機関からの信頼度が違うので、
融資を受ける際も有利になることが多いようです。
会社員や公務員であることのメリットを活かせるのも不動産投資の特徴です。

また、物件価格が比較的安いワンルームマンション投資に比べると、
流動性が低くなります。

売りたい時にすぐ売れない場合もありますので、どの程度の空室リスクに
耐えられるのかも事前にきちんとシミュレーションしておきましょう。

<まとめ>
一棟アパート投資よりもワンルームマンション投資の方が物件価格の低さから、
比較的初心者には入りやすい不動産投資かと思います。
しかし、2つめ3つめと不動産投資の拡大を考えているのであれば、
ワンルームマンション投資に比べると、相対的に利回りの高い一棟アパート投資の方が、
資産形成スピードは速くなります。

先述の通り、ワンルームマンション投資と一棟アパート投資にはそれぞれメリットや注意点があります。
きちんとメリットと注意点を踏まえた上で、 ワンルームマンションからはじめるのか
一棟ものからはじめるのかを検討しましょう。

関連記事

ライフプランの窓口について 相談theme お金のコラム お知らせ FPに相談する