1. HOME
  2. ブログ
  3. 教育資金
  4. 大学受験までの教育費はいくら?中高公立の場合と私立の比較

知らないと損するお金の話

お金のコラム

教育資金

大学受験までの教育費はいくら?中高公立の場合と私立の比較

教育資金

子供を公立に行かせるか?私立に行かせるか?

子供本人の希望は別として、費用面だけを見てみると、どのくらい金額が違うものなのでしょうか?

今回は、

  • ・公立中学から公立高校に進学するケース
  • ・私立中学から私立高校に進学するケース

この2パターンを学習塾費用も含めて試算してみました。

目次

中学から高校まで公立に行くといくらかかる?

文部科学省のH28年度「子供の学習費調査」によりますと、公立中学の費用は、

  • ・年間学校教育費:133,640円(教材費、PTA会費等含む)
  • ・給食費:43,730円
  • ・学校外活動費:301,184円(習い事や本代等を含む)

これだけかかり、公立中学の授業料や学校外活動費を含む、全ての1年間の学習費総額は478,554円となります。

よって、公立中学3年間の教育費総額は、478,554円×3年間で1,435,662円になります。

また、公立高校の場合、

  • ・年間学校教育費:275,991円(教材費、PTA会費等含む)
  • ・学校外活動費:174,871円(習い事や本代等を含む)

このような内訳となり、公立高校の授業料や学校外活動費を含む、全ての1年間の学習費総額は450,862円となります。

よって、高校3年間の教育費総額は、450,862円×3年間で1,352,586円になります。

公立中学公立高校
学校教育費133,640275,991
給食費43,730
学校外活動費301,184174,871
年間総額478,554450,862
3年間総額1,435,6621,352,586

(単位:円)

上記のデータにより、中学から高校まで公立に行く場合、6年間の教育費総額で約280万円となります。

高校受験の受験費用はいくら?

目指すレベルや家庭の事情によっても異なると思いますが、高校受験の場合、中学2年生頃から学習塾に通うパターンが多いようです。

中学2年生から学習塾に通った場合の学習塾代はいくらくらいかかるのでしょうか?

大手学習塾、早稲田アカデミーを例にあげると、どの講座を取るかによっても費用は異なりますが、中学2年生から3年生の学習塾費用総額は約140万円となります。

(月額受講料、月会費、教材費、テスト代、春期講習、夏期講習、冬期講習、正月特訓など5科目分2年間分総額、早稲田アカデミー担当者談)

さらに、往復の交通費、お弁当代もしくは外食費等もかかるかと思います。

また、受験料も公立高校で2,200円、国立高校で9,800円程度かかりますので、学習塾代や受験費用含め、高校受験費用総額で200万円程度かかると試算できます。

その後、私立大学を受験する場合、高校2年生頃から学習塾に通うパターンが多いそうです。

東進ハイスクールでの塾代を例にあげると、どの講座を取るかによっても費用は異なりますが、高校2年生から高校3年生まで塾に通うと、2年間で約100万円という金額になります。

こちらに交通費、お弁当代、3万円から3.5万円の大学受験料を数校分を加えますと、約150万円程度かかります。

まとめますと、公立中学に進学し、中学2年生から学習塾に通い、公立高校に進学する場合、

  • ・公立中学の学費:約144万円
  • ・高校受験向け塾代:約200万円
  • ・公立高校の学費:約135万円
  • ・大学受験向け塾代:約150万円

の内訳となり、教育費総額 約630万円程度かかると試算できます。

中学から高校まで私立に行くといくらかかる?

一方、中学から高校まで私立に行く場合は、いくらくらいかかるのでしょうか?

私立中学、私立高校6年間の学費はいくら?

先述の文部科学省H28年度「子供の学習費調査」によりますと、私立中学の費用は、

  • ・年間学校教育費:997,435円(教材費、PTA会費等含む)
  • ・給食費:8,566円
  • ・学校外活動費:320,932円(習い事や本代等を含む)

となり、私立中学の授業料や学校外活動費を含む、全ての1年間の学習費総額は1,326,933円となります。

よって、私立中学3年間の総額は、1,326,933円×3年間で3,980,799円になります。

また、高校も私立に行く場合、私立高校の費用は、

  • ・年間学校教育費:755,101円(教材費、PTA会費等含む)
  • ・学校外活動費:285,067円(習い事や本代等を含む)

となり、私立高校の授業料や学校外活動費を含む、全ての1年間の学習費総額は1,040,168円となります。

よって、高校3年間の総額は、1,040,168円×3年間で3,120,504円になります。

私立中学私立高校
学校教育費997,435755,101
給食費8,566
学校外活動費320,932285,067
年間総額1,326,9331,040,168
3年間総額3,980,7993,120,504

(単位:円)

上記のデータにより、中学から高校まで私立に行く場合、6年間の総額で約710万円となります。

私立中学の受験費用はいくら?

私立中学を受験する場合、小学3年の終わりもしくは小学4年生から学習塾に通うパターンが多いようです。

小学4年生から学習塾に通った場合の学習塾代と私立中学の受験費用はいくらくらいかかるのでしょうか?

首都圏で人気の学習塾、SAPIX(サピックス)を例にあげると、どの講座を取るかによっても費用は異なりますが、3年間の学習塾費用は約260万円となります。

(月額受講料、春期講習、夏期講習、冬期講習、正月特訓など3年間分総額)

さらに、往復の交通費、お弁当代もしくは外食費、約25,000円の受験料を数校分。

また、塾通いを機に携帯を持たせる家庭も多いので、携帯代等まで含めますと、中学受験トータルで300万円程度はかかると試算できます。

つまり、私立中学を受験するための学習塾代、並びに受験料を含む受験費用が約300万円。

晴れて合格した後、私立中学から私立高校に通う場合は、先述の通り、6年間で約710万円かかりますので、小学校後半から高校までの教育費総額で約1,010万円かかると試算できます。

大学までエスカレーター方式で行ける私立高校の場合は、大学受験費用はかかりません。

よって、公立中学高校と私立中学高校の教育費の差は、約380万円と試算できます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?子供が公立に行くか私立に行くかによって、準備しなければならない教育費は1.5倍から2倍程度違ってきます。

親としてはできれば、公立、私立問わず、子供の希望する学校に進学させてあげたいもの。

3大費用のひとつ、教育費はある程度必要な時期と金額が見通せます。

たとえば、毎月1万円の児童手当を貯蓄に回せば、10年で120万円になりますので、教育費の足しになるでしょう。

基本は元本保証商品で、多少の投資商品も取り入れるなど、上手に活用しながら長期運用で早めに準備しましょう。

関連記事

ライフプランの窓口について 相談theme お金のコラム お知らせ FPに相談する