1. HOME
  2. お金のコラム
  3. 生命保険・火災保険
  4. コロナウイルスで入院した場合、医療保険の給付金はもらえるのか。

COLUMN

お金のコラム

生命保険・火災保険

コロナウイルスで入院した場合、医療保険の給付金はもらえるのか。

生命保険・損害保険

中国湖北省武漢市を中心に感染が拡大している「新型コロナウイルス関連肺炎」。
日本国内でも感染者や死者がでており、小中学校の閉鎖、テレワークの推進など
官民挙げての対策が実施されています。
家族がコロナウイルス由来の肺炎になった場合、悪化して入院した場合の医療保険等の給付金の支払いについて、解説いたします。

■保険ごとに異なる入院給付金の支払い理由

保険や共済と一口にいっても、多くの会社があり、多様な商品があります。
加入したときは理解していても、商品内容が複雑なため、加入して時間がたつと、内容を忘れる人も多いでしょう。

保険は大きく分けると、生命保険会社の保険、損害保険会社の保険、少額短期保険会社の保険、各種法律に基づく共済に分類されます。
どの分類の保険に加入しても、条件があっていれば給付金は支払われるのですが、入院については、「原因」を考える必要があります。

入院の原因としては
 ・病気(疾病)
 ・ケガ(傷害)
に分かれます。

普通に考えると、コロナウイルスによる肺炎はケガではなく病気です。
したがって、り患して入院した場合は病気の入院として、保険の給付金が支払われることになります。
ただし、保険の加入内容によっては、支払われる入院の日数の上限が決められていたり、●日以上の入院でないと支払われないという制約がある契約も多いです。

生命保険会社の販売する医療保険や医療保険特約ですと、入院の場合は何歳まで、ケガの場合は何歳までと、年齢制限の記載があります。
例えば、ケガの入院は80歳までなどと記載があります。

損害保険会社の販売する医療保険や医療保険特約ですと、ケガだけが条件になっていることもあります。
入院とケガ両方カバーされているか、改めて確認するとよいでしょう。

■急いで医療保険に加入しても給付金の支払い対象になるか?

結論を書きますと、保険の種類や保険会社の対応によります。
この原稿を執筆時点(2020年2月29日)では、医療保険の加入制限は発表されていないと思われます。
しかし、私どもの取引先の保険会社から、「今後の状況により引き受け制限を行う可能性あり」という通知を受けました。
したがって、新型コロナウイルス関連肺炎がパンデミック状態になってから医療保険に加入したい、という場合は、対象外となるか、一時的に契約できないか、
などの措置が考えられます。

最近は、子どもの医療費が無料になる自治体が増えているため、子どもの医療保険に加入しない家庭も増えているようです。
お子さんをはじめとして、家族が入院すると、治療費にお金はかからならなくても、移動費や雑費などお金が必要になります。
入院ともなると、雑費が増えてきたり、付き添い通院で交通費が人数分必要だったり、仕事を休むことによる収入減なども考える必要があります。

保険ショップや保険会社から提案される医療保険は、セールスする都合上、提案できない内容もあります。
もし、お子さんに対して医療保険を準備したい場合は、入院日額は最低限、入院一時金を多く受け取れるプランを選ぶといいかもしれません。
乳幼児は病気やケガによる入院リスクが成人より高い傾向にあります。
もし、合併症や後遺症などが発生した場合、今後の保険加入ができなくなるような可能性もあります。
ご家族のコロナウイルス関連肺炎が心配な方は、医療保険の加入を検討する時期なのかもしれません。
子ども向けの医療保険は保険料が相対的にですが、大人より安くなるため、提案を受けたことがない人もいるかもしれません。
親の保険だけでなく、子供にも保険を提案してほしいと、ご自身で依頼する必要があるのでしょう。

保険は晴れの日に買う傘です。
雨になると売ってもらえませんので、まだ加入されていない方は、検討の機会と言えるでしょう。

ファイナンシャルプランナー 高橋成壽

関連記事

ライフプランの窓口について 相談theme お金のコラム お知らせ FPに相談する