1. HOME
  2. お金のコラム
  3. 家計・節約
  4. 東京オリンピックのチケット価格はいかほど?

COLUMN

お金のコラム

家計・節約

東京オリンピックのチケット価格はいかほど?

家計・節約

令和の時代に突入し、いよいよ来年2020年に控えた東京オリンピック。
一生に一度、オリンピック会場で観戦したい豪華な開会式を体感してみたい等という方も多いかと思います。
そこで、今回は気になるオリンピックチケットの価格や入手方法などをご紹介したいと思います。

<東京オリンピックのチケット価格は?>

それでは、気になるオリンピックのチケット価格はいくら位なのでしょうか?

■開会式
2020年7月24日@オリンピックスタジアム
A席:300,000円 
B席:242,000円
C席:107,000円 
D席:45,000円 
E席:12,000円

■閉会式
2020年8月9日@オリンピックスタジアム
A席:220,000円 
B席:177,000円
C席:82,000円 
D席:35,000円 
E席:12,000円

やはり、オリンピックの目玉でもある開会式の一番良い席はハワイ旅行に行けるくらいの金額ですね。
一番高い競技のチケット価格は下記になります。

■陸上 男子100m準決勝、決勝等
2020年8月2日@オリンピックスタジアム
A席:130,000円 
B席:108,000円
C席:41,500円 
D席:11,800円 
E席:5,800円

■水泳 男子メドレーリレー決勝等
2020年8月2日@オリンピックスタジアム
A席:108,000円
B席:72,000円
C席:36,500円 
D席:11,800円 

決勝にこだわらず、競技を安く観戦したいという場合は、「みんなで応援チケット」というチケットもあります。
1枚2,020円というお手頃な価格なので、家族で楽しく観戦したい場合にはこのチケットもオススメです。
また、予選~決勝のステージによって下記のような価格差がありますので、お手頃な価格で予選を観戦するという方法もあります。

■野球 
予選:2,020円~15,500円
ノックアウトステージ:6,000円~23,000円
準決勝:8,000円~31,000円
3位決定戦:9,000円~45,000円
決勝:10,000円~67,500円

チケット価格や座席表の詳細は下記のpdfよりご確認ください。
https://ticket.tokyo2020.org/File/ToKyo2020/Olympic/Production/GP/Olympic%
20Games%20Tokyo%202020%20Price%20List_Seat%20Map_JP.pdf

競技日程、開催場所、種目、チケット価格は下記のpdfよりご確認ください。
https://ticket.tokyo2020.org/File/ToKyo2020/Olympic/Production/GP/GPNotice/
20190426/%E3%82%BB%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E6%83%85%E5%A0%
B1%C3%97%E3%83%81%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E4%BE%A1%E6%A0%BC%E4%B8%80%E8%
A6%A7.pdf

万一、落選した場合でも落胆するのはまだ早いです。
オリンピック観戦の方法はまだあります。
チケットgetのチャンスはまだあります!

●オリンピック協賛会社の抽選に応募する

日本の多くの企業がオリンピックに協賛しオリンピックを盛り上げる予定です。
協賛には、レベルがありそのレベルによって使用できる権利や権利の範囲が決められています。
国際オリンピック委員会と契約し、世界中で自社の商品とオリンピックを絡めたキャンペーンを行うことができるのは、ワールドワイドオリンピックパートナーになります。

コカ・コーラ、アリババ、VISA、P&Gなど名だたる世界企業の中で日本企業は パナソニック、ブリヂストン、トヨタの3社のみ。

他、ゴールドパートナーにはCANON、日本生命、三井不動産、meijiなど

オフィシャルパートナーにはANA、JAL、JTB、JR、朝日新聞、東京ガス、ヤマト運輸、TOTO、日本郵便、日清、リクルート、久光製薬など

オフィシャルサポーターには清水建設、パソナグループ、丸大食品、AOKI、北海道新聞社、コクヨ、パーク24など

自社の製品に絡め、「〇〇を買ってオリンピックに行こう」等のキャンペーンが行われる可能性が高いので、オリンピック協賛社のHPはこまめにチェックしておきましょう。

●宿泊ツアーに申し込む

東京オリンピックの旅行会社のオフィシャルスポンサーは次の3社。
JTB、近畿日本ツーリスト、東武トップツアーズ。

これらの旅行会社では、オリンピック観戦ツアーが組まれますので、こまめにHPをチェックして観戦ツアーに申し込むという方法もあります。

●学校連携プログラム

より多くの子どもたちに、会場観戦を通して、スポーツの素晴らしさや世界中の人々と交流することの楽しさを体験することを目的として、全国各地の小学校から高校および特別支援学校などの児童・生徒を対象としたチケットも販売予定です。
1枚2,020円という破格のチケット価格で各自治体を通して、一般販売とは別に販売される予定ですので、お子様にはオリンピック観戦のチャンスがあるかもしれません。

●無料でオリンピック観戦

どの競技でもいいから、オリンピックを見てみたい!という方でしたら、無料でオリンピック観戦できる方法もあります。
たとえば、マラソン。
スタートとゴールは新国立競技場になりますが、それ以外は、市街地を走りますので事前に時間とコースを調べれば、街中でオリンピック観戦ができます。
他にも、自転車競技、ボートやカヌーなど外で行う競技でしたら、遠目から無料でオリンピック観戦できる可能性があります。
一生に一度かもしれないオリンピック観戦。
この機会に家族と一緒にオリンピック観戦しに行きませんか?

(文:山崎美紗)

関連記事

ライフプランの窓口について 相談theme お金のコラム お知らせ FPに相談する