1. HOME
  2. ブログ
  3. 家計・節約
  4. マイナポイント!おトクな決済サービス徹底比較【2020年9月末時点】

COLUMN

お金のコラム

家計・節約

マイナポイント!おトクな決済サービス徹底比較【2020年9月末時点】

家計・節約

9月1日からいよいよスタートしたマイナポイント。
そもそも、マイナポイントって何?という方もいらっしゃるかもしれません。
そこで、今回はマイナポイントの概要やマイナポイントをおトクにgetできるサービスをご紹介したいと思います。

■マイナポイントってなに?

マイナポイントとは、購入金額の25%がポイント還元されるというおトクな制度になります。
2020年9月からスタートしたこの制度は、消費喚起、キャッシュレス決済の普及、マイナンバーカードの普及促進などを目的とした国が行う事業になります。

■マイナポイントをgetするには?

マイナポイントを取得するには3つのステップがあります。

① マイナンバーカードを取得
② マイナポイントを予約(マイキーID発行)
③ 決済サービスを選択

大まかな流れをご説明しますと、まずマイナンバーカードを申請します。
(PC、スマートフォン、街中の証明写真機、郵送より申請可能)
マイナンバーカード申請後、約1か月後に「交付通知書」が郵送されますので、交付通知書を持参の上、区役所にマイナンバーカードを受け取りに行きます。

マイナンバーカードを取得したら、次に②マイナポイントの予約(マイキーID発行)を行います。
マイナポイントの予約は、スマホでマイナポイントアプリをダウンロードして、予約します。

最後に、③決済サービスを選択します。
決済方法は、クレジットカードやpaypayなどのコード決済、PASMOなどの電子マネーから1つのみ選べます。
クレジットカード等の後払い方式の場合は最大5000円分のポイントが付与され、PaypayやPASMO等のチャージ方式の場合は、2万円チャージすると5000円分のポイントがもらえて、合計2万5000円分の利用ができるおトクなサービスになります。

ちなみに、1人につき5000円分のポイント還元になりますので、4人家族でマイナポイントを利用すると、最大2万円(5000円×4人)もおトクになります!

先述のとおり、マイナンバーカードと紐付けできる決済方法は1社のみですので、なんとか自社に決済方法を設定してもらおうと、マイナポイントに上乗せ分のポイントプレゼントというキャンペーンを各社が打ち出しているのです。

■マイナポイント決済サービスの上手な選び方は?

一番賢いマイナポイント決済サービスの選び方は普段利用している決済サービスを選択する事です。
そうすることで、必要な買い物に必要な分だけポイントを利用することができますので、無駄遣いも防げます。
日常的に数社の決済サービスを利用しているという方は、その中からよりポイント還元率が高い決済サービスを選ばれるといいと思います。
注意点としては、申し込み後の決済サービス変更はできません。

■マイナポイント上乗せポイント決済サービス徹底比較!

※2020年9月5日時点

マイナンバーカードやマイナポイント事業に関する詳細は、下記をご確認ください。

マイナンバー総合サイト
https://www.kojinbango-card.go.jp/kofushinse/

マイナポイント事業
https://mynumbercard.point.soumu.go.jp/

マイナポイントは2021年3月までの制度になり、マイナポイントの事業予算にも上限があるので、想定以上に利用者が増えれば、5000円相当の還元も受け取れない可能性があります。

決済サービス各社のキャンペーン期間も期限を設けている所もありますので、これを機にマイナンバーカードを申請しようと思っている方は、早めに申請しておきましょう。

文:山崎美紗 
ファイナンシャルプランナーCFP®
FP1級技能士、チャイルドカウンセラー

関連記事

ライフプランの窓口について 相談theme お金のコラム お知らせ FPに相談する