1. HOME
  2. ブログ
  3. 家計・節約
  4. 家計の節約もできる! フードシェアリングとは?

COLUMN

お金のコラム

家計・節約

家計の節約もできる! フードシェアリングとは?

家計・節約

農林水産省のH27年度
「食品廃棄物等の利用状況」
によりますと、H27年の食品廃棄物は
約2,842万トン。
そのうち、まだ食べられるのに廃棄されて
いる食べ残し、いわゆる「食品ロス」は、
年間646万トン。

この量は、日本人1人当たり茶碗一杯のご飯を
毎日捨てている計算になります。

家庭においても、食品ロス全体の半分にあたる
約302万トンもの食品が毎年捨てられているのが
現状です。

この食品ロスを少しでも減らせる、
画期的なサービスが「フードシェアリング」
です。

今回は、このフードシェアリングについて
ご紹介したいと思います。
<フードシェアリングとは?>
フードシェアリングとは、自分では使わなく
なったものや、賞味期限が迫っているけれど、
まだおいしく食べられる食材などを、
必要な人にシェアするというもの。

日本でも、ここ数年フードシェアリングが
注目され、主に飲食店で、閉店時間が
迫っている等の理由で廃棄される料理や食材を、
必要な人に格安で提供するという
サービスに人気が集まっています。

■tabeloop(たべるーぷ)
https://tabeloop.me/

バリュードライバーズ株式会社が
運営する「tabeloop」。

おいしい食べ物のloopで、幸せのloopを
描く「tabeloop」は、作り手と調理する人を
つなぐ新しいフードシェアの形。

包装が汚れている商品、賞味期限の問題で
スーパーなどの店頭にならばない食品、
味は問題ないが形が不揃い、傷がついている
などの理由で市場に流通されない食品を
販売するためのフードシェアリング
プラットフォームになります。

売り手は、各地域の生産者、食品メーカー、
食品卸売業、小売業など。

買い手は、居酒屋やレストランなどの外食店や、
お弁当、惣菜を扱う中食、こども食堂、
学生寮などの食堂、学園祭、地域のお祭りなど
食品の使用量の多い企業・団体を対象
としていますが、個人でも購入できますので
ママ友と共同購入するのもオススメですよ。

■エプロン
https://mproject-japan.co.jp/
食品ロス救済サイト

合同会社M Projectが運営する
「エプロン」。

まだ食べられるのに廃棄対象となってしまう料理。
そんな料理を少しでも安く購入したい消費者は
たくさんいるのです。

そんな料理を飲食店が「エプロン」に掲載。
購入したい消費者とのマッチングを行う
サービスです。

2018年11月25日14時現在、
登録している店舗は30店なので
今後、登録店舗数が増えてくると、さらに
サービスが充実しそうですね。

次にご紹介するのが、「TABETE」。
こちらは、様々なメディアで紹介され、
今注目のアプリです。

■TABETEアプリ
https://tabete.me/
日本発 食品ロス救済アプリ

株式会社コークッキングが運営する
食品ロス救済サイト。

こちらも「エプロン」同様、
廃棄寸前の料理をオーナーがサイトに
掲載し、ユーザーが格安で購入してお店に
料理を救済しに行くというものです。

2018年8月からアプリの運用も開始され
登録者数も順調に伸びています。

また、日本だけでなく、海外にも
食品ロス救済アプリがありますので
ご紹介しましょう。

■Too Good to Go
https://toogoodtogo.co.uk/en-gb
デンマーク発 食品ロス救済アプリ

食品ロスの問題を抱えているのは、日本だけでは
ありません。
他の先進国でも、食品ロス問題は社会現象と
なっており、イギリスでも、毎年1/3の食品が
廃棄されています。

こうした課題を解決すべく、イギリスを
始めとして、ヨーロッパ各国では
「TABETE」アプリ同様、食品ロス救済アプリ
として、「Too Good to Go」(デンマーク発)
というアプリが導入され、人気になっている
そうです。

このアプリは600万人にダウンロードされ、
780万食もの捨てられるはずだった食品が
救済されているそうです。

オーナーは食品ロスを防げ、食料廃棄にかかる
お金の節約にもなり、ユーザーはおいしいごはんを
格安で食べられ、環境にも優しく、良いことづくめ。

食品ロス救済アプリがさらに広がっていくと
良いですね。

また、ユーザー間で食品をおすそ分けできる
アプリもあります。

■OLIOアプリ
イギリス発 食品シェアアプリ

ユーザーは、譲りたい食品や受け渡しの日時や
場所の情報を「OLIO」のアプリに掲載。
その食品を必要とする別のユーザーが
直接コンタクトを取り、食品を受け渡すというもの。

食品ロスを減らしながら、必要な人に食品を
おすそ分けできる一石二鳥のこのアプリは
イギリスを始めとして、スウェーデンや
アメリカでも人気のあるアプリとなっています。

残念ながら、2018年11月現在
日本での運用は開始されていないので
今後の動向に注目したいですね。

以上、食品ロス問題に取り組むサイトや
アプリをご紹介しました。

食品ロスを減らすことは、環境にやさしいことは
もちろん、家計の節約にもつながります。
ご紹介したサイトやアプリ等を上手に活用しながら
賢く楽しく、節約にも取り組みましょう。

(文:山崎美紗)

関連記事

ライフプランの窓口について 相談theme お金のコラム お知らせ FPに相談する