1. HOME
  2. ブログ
  3. ライフプランの窓口について
  4. ライフプランの相談はどこでできるの!?

COLUMN

お金のコラム

ライフプランの窓口について

ライフプランの相談はどこでできるの!?

ライフプランの窓口について

「自分のライフプランを作成する」ことは
一昔前に比べると、徐々に浸透してきた気がします。 

それでも、まだ実際に自分のライフプランを
作ったことがないという方も多いのでは
ないでしょうか?

今回は、ライフプランを自分で作る
メリットデメリットやライフプラン相談窓口に
ついて、ご紹介していきたいと思います。

無料のFP相談、無料のライフプラン相談を利用して、
ファイナンシャルプランナーに相談する。
ライフプラン作成は、自分でもできる!
結婚、出産、住宅購入など、人生における
さまざまなイベントや日々の収支を表に落としこみ
ライフプラン表を作る作業は、実は誰にでもできます。

無料のライフプラン作成ツールも数多くありますし
エクセルで作成することも可能です。

ただ、自分でライフプランを作成する場合と
ファイナンシャルプランナー(FP)などの
お金の専門家に依頼する場合、それぞれに
メリットデメリットがあることも理解して
おきましょう。

■自分でライフプランを作成するメリット

①もちろん無料!
②他人に資産状況を知られない
③自宅で気軽にできる

無料のFP相談、無料のライフプラン相談を利用して、
ファイナンシャルプランナーに相談する。

■自分でライフプランを作成するデメリット

①本当にシミュレーション結果が合っているのか
わからない
②ピンチの結果が出ても誰にも頼れない
③問題点もしくは解決方法がわからない

なんといっても、自宅で気軽に無料でライフプランを
作成できるのが、自分でライフプランを作成する
メリットですね。

いくら守秘義務があるFPといえど、他人に
資産状況を教えるのは抵抗があるという方も
いらっしゃることでしょう。

一方、自分でライフプランを作成するデメリットとしては
作成ツール等を使って結果が出ても、果たして
それが本当に合っているのかわからない・・・
また、いずれ貯金が底をつくという結果が出ても
いざ、どうすれば良いのかわからない等という
デメリットは大きいと思います。

■お金の専門家がライフプランを作成するメリット

①無料の場合もアリ
②プロからのアドバイスがもらえて心強い
③将来貯金が底をつく可能性があっても
プロの知識で事前に対処可能

無料のFP相談、無料のライフプラン相談を利用して、
ファイナンシャルプランナーに相談する。

■お金の専門家がライフプランを作成するデメリット

①相談に出向かなければいけない
②相談料がかかる場合がある
③他人に資産状況を教えなければいけない

自分でライフプランを作成することは
自分で、自分の家計ときちんと向き合う事が
できるので、とても有意義なことだと思います。

ただ、ライフプラン作成時に、毎年の帰省代や
子供の塾代など、見落としがちな出費を入力し忘れ
シミュレーションの結果が大幅に狂ってしまう
可能性もあります。

一方、お金の専門家にライフプラン作成を
依頼することは、時として相談料がかかったり
資産状況を他人に知られる等というデメリットも
ありますが、メリットもたくさんあります。

一番のメリットは、お金の専門家から直接、
その家庭に合ったアドバイスがもらえるという事でしょう。

このままの生活を続けると将来的に家計は
どうなるのか?といった長期的プラン。
それを元に、改善点があるとしたら、
具体的に毎月の収支をどう変えれば良いのか?
といった短期的プランに関するアドバイスも
希望すれば受けられると思います。

また、自分だけでは気づかなかった問題点や
解決策も教えてもらえるかもしれません。

無料のFP相談、無料のライフプラン相談を利用して、
ファイナンシャルプランナーに相談する。
ライフプラン相談はどこでできる?
ライフプラン相談は、保険相談窓口、FP事務所等
色々な所でできます。

日本FP協会では、FP資格を保有し
FP協会に登録しているファイナンシャルプランナーを
検索することができるので、お悩みに合わせた
お金の専門家を探して相談することが可能です。

日本FP協会
FP検索システム
https://www.jafp.or.jp/confer/search/cfp/

また、こちらのライフプランの窓口でも
日本全国47都道府県でファイナンシャルプランナーに
無料でお金の相談ができますので
お気軽に相談してみてくださいね。

ライフプランの窓口

今回は、ライフプランを自分で作るメリットデメリット
ライフプランの相談窓口についてご紹介しました。
自作でもプロでも良いので、まずはライフプラン表を
作成し、未来の設計図作りを始めてみましょう。

(文:山崎美紗)

関連記事

ライフプランの窓口について 相談theme お金のコラム お知らせ FPに相談する