1. HOME
  2. ブログ
  3. 教育資金
  4. 子供の習い事の費用、みんないくらかけてる? 費用の上限目安はいくら!?

COLUMN

お金のコラム

教育資金

子供の習い事の費用、みんないくらかけてる? 費用の上限目安はいくら!?

教育資金

株式会社バンダイが2019年5月に
3~6歳の未就学児童と小学生の子供を持つ親
700人を対象に行った
「子供の習い事に関する意識調査」によりますと
「子供が今習っている習い事ランキング」と、
「男女別習い事ランキング」は以下のようになります。

 

 

子供に人気の習い事ランキングTOP10

■子供が今習っている習い事ランキングTOP10

1位 水泳
2位 学習塾
3位 ピアノ
4位 英会話
5位 習字
6位 体操・新体操
7位 サッカー
8位 そろばん
9位 ダンス
10位 テニス

■男子の習い事ランキングTOP5

1位 水泳
2位 学習塾
3位 英会話
4位 サッカー
5位 体操・新体操

■女子の習い事ランキングTOP5

1位 水泳
2位 ピアノ
3位 学習塾
4位 英会話
5位 習字

子供の人気の習い事TOP3は
1位水泳2位学習塾3位ピアノという結果に。

また、習い事をさせていると回答した人は
実に63.4%で、3人に2人は何かしらの
習い事をさせているという結果になりました。

上記のランキングを元に、子供の習い事に
いくら位の費用をかけているのかを
みていきましょう。

 

 

■子供の習い事にいくらかけてるの?

先述のバンダイのアンケートによりますと
子供の習い事にかける平均月額は以下の通りです。

未就学児(3‐6歳):8,644円
小学1年生:12,253円
小学2年生:13,065円
小学3年生:13,866円
小学4年生:15,775円
小学5年生:16,033円
小学6年生:15,611円
全体:13,607円
※子供一人あたりの平均月額

習い事別の平均月額で最も高いのは学習塾代で
1か月15,362円。
加えて、1か月に2万円以上の学習塾代を
かけている家庭が27.5%。
約3割の家庭が学習塾代に
特に高い費用をかけているようです。

意外とお金がかかる子供の習い事代。
毎月の子供の習い事代は、いくら位までに
抑えればよいのでしょうか?

子供の習い事代、上限目安はいくら?

毎月の子供の習い事代は、手取りの5%程度に
抑えましょう。

たとえば、年収600万円で夫婦+子供2人の
家庭の場合、手取りが約480万円ですので
子供の習い事代にかけられるお金は
1年で約24万円。
(480万円×5%=24万円)

つまり、月額2万円(24万円÷12か月)です。
これは子供2人分の金額ですので、子供一人あたりの
習い事費用は、月額1万円が上限の目安となります。

年収別に習い事費用の月額上限の目安を
まとめますと・・・

年収400万円 手取り300万円 
⇒月額上限:1万2500円
年収600万円 手取り480万円 
⇒月額上限:2万円
年収800万円 手取り600万円 
⇒月額上限:2万5000円
年収1000万円 手取り750万円 
⇒月額上限:3万1000円

※扶養人数、生命保険加入有無等により
手取り金額は増減します。

以上が、習い事費用の月額上限の目安になります。

これに加え、教育費は手取りの10%以内に
抑えるのが適正ですので、教育費+習い事代で
手取り金額の15%以内に抑えるように
しましょう。

 

 

習い事を通じて、お子さんに色々な経験をさせて
あげたいと思うのが親心だと思います。

その気持ちはとてもわかりますが、
教育費のピークは、大学入学時です。
それまでに教育費を貯めつつ、習い事代を
捻出しなければならないので、お子さんの意思も
尊重しながら習い事を賢く選びたいですね。

(文:山崎美紗)

関連記事

ライフプランの窓口について 相談theme お金のコラム お知らせ FPに相談する