1. HOME
  2. ブログ
  3. 教育資金
  4. 働きながら、保育付きシェアオフィスを使った場合の保育費用

COLUMN

お金のコラム

教育資金

働きながら、保育付きシェアオフィスを使った場合の保育費用

教育資金

「在宅ワークをしたいけど、子供がいると難しい」
「育休中に資格を取りたいので、一時保育を利用したいが空きがない」

など、小さいお子さんがいる働く(働きたい)ママさんにとって、子供の預け先を確保するのは、
本当に大変な事。地域によっては、認可外保育園の一時保育ですら空きがなく、
ほんの数時間さえも子供を預かってもらえない地域もあります。

今回は、そんな働くママさんが子連れで利用できる、
保育サービス付きシェアオフィスやコワーキングスペースをいくつかご紹介します。

<シェアオフィスやコワーキングスペースとは?>

シェアオフィスとは、wi-fi、デスク、コピー機等仕事に必要な環境が整っていて、
1つのスペースを複数の利用者で共有するオフィスになります。
シェアオフィスによっては、起業の際に必要な会社の登記ができたり、会議室の利用、
電話対応、郵便物や宅配物を代理受取等のサービスがあるようです。

また、シェアオフィスは、半個室やパーテーションで仕切られていて、
ある程度プライバシーがある空間の一方、「コワーキングスペース」という
カフェのようなオープンな空間のオフィスもあります。

コワーキングスペースは、機能的にはシェアオフィスと同等ですが、
オープンな空間の分、他の利用者との交流が生まれやすいようです。

在宅ワークをしているけれど、自宅より外の方が仕事がはかどる、
シェアオフィスの利用者と交流を深め人脈を広げたい等の理由でシェアオフィスや
コワーキングスペースを利用する方が増えています。

また、シェアオフィスを利用する方も様々で、webデザイナー、ライター、
士業等のフリーランスの方や、外出先で仕事場を確保したい営業担当、
企業がシェアオフィスと提携し、その企業にお勤めの方がテレワークで利用する
といった使い方も増えているようです。

<保育サービス付きシェアオフィスとは?>

そんな中、ここ数年注目を集めているのが、保育サービス付きシェアオフィス(コワーキングスペース)
になります。保育サービス付きシェアオフィスとは、ママさんがシェアオフィスで
お仕事をしている間に、お子さんを一時的に預かってくれるサービスになります。
近所の保育園と提携しているパターンや同じシェアオフィス内で保育士が
お子さんの面倒を見てくれるパターンがあります。

■埼玉県さいたま市 コワーキングスペース7F
https://office7f.com/
大宮駅徒歩1分。オープンな作業スペース、集中できる半個室、会議室等を要し、
オプションで会社登記、住所利用、固定ロッカー、郵便物受取等のサービスあり。
また、近所の保育所と提携して、約半額料金で一時保育を利用できます。

●月額会員
コワーキングスペース利用料・・・9,200円/月
託児料金・・・子供1人につき1時間毎500円

コワーキングスペース+託児を週3回8時間利用した場合・・・57,200円
※コワーキングスペース代9,200円+託児48,000円

●一時(ドロップイン)利用
コワーキングスペース代・・・2時間500円/ 1日1000円
託児料金・・・子供1人につき1時間毎500円

コワーキングスペース+託児を4時間利用した場合の料金・・・3000円
※コワーキングスペース代1000円+託児2000円

■赤坂見附 Hatch Cowork+Kids
https://hatchcowork.com/
都心型のコワーキングスペースで、キッズスペースを併設しています。子供たちが飽きないように、季節遊び、アートプログラム、親子で楽しむ食育プログラムなど月ごとにプログラムを変えて実施しています。

●月額会員
入会金・・・10,000円
会員費・・・15,000円(子育て応援割、平日10時~18時まで利用可)
キッズ入会金・・・5,000円
プラスキッズ(1歳以上保育料)・・30,000円(保育時間・・・平日11時~16時、週5日利用可)

コワーキングスペース+託児の初月度料金・・・60,000円
翌月以降の月額料金・・・45,000円(会員費15,000円+プラスキッズ30,000円)
※週5日平日11時~16時まで託児を利用した場合、弁当は持参

■北参道 マフィス北参道
https://www.maffice.com/kitasando/
内閣府所管の企業主導型保育事業施設の都市型シェアオフィスで、キッズスペースを併設しています。シェアオフィスの保育施設にしては珍しく、その場で給食を作り子供たちに食べさせてくれます。

●セレクトプラン月額会員
入会金・・・30,000円
年会費・・・8,000円
セレクトプランデスク利用料・・・9,000円/月(9:00~13:00 or 13:00~17:00のみ利用可)
施設使用料・・・2,500円/月
保育料・・・8,000円/月
離乳食・幼児食・・・500円/食 

シェアオフィス+託児の初月度料金・・・67,500円
翌月以降の月額料金・・・29,500円
※週5日平日9時~13時まで託児+幼児食を20日間利用した場合

以上が、保育サービス付きシェアオフィスのご紹介になりますが、番外編として、
これからパートで働きたい方や子供のそばで働きたいママさんに「保育施設付きオフィス」
もご紹介します。

先ほどご紹介した保育付きシェアオフィスは、主にフリーランスの方が利用するのに対して、
これからご紹介する保育施設付きオフィスとは、主に正社員やパートなど
企業に雇われている方が、職場で子供を預かってもらえるオフィスになります。

<保育施設付きオフィスとは?>

■ママスクエア
https://mamasquare.co.jp/
「子供のそばで働きたい」という思いから生まれた「ママスクエア」。
ママは、子供と一緒にママスクエアに出勤。お子さんをママスクエアのキッズスペースで
預かってもらっている間に、ママは、キッズスペースの隣のワーキングスペースで、
コールセンター業務やデータ入力業務のお仕事をするスタイルです。

ママスクエアは、2018年7月現在、関東、関西、九州に店舗があり、イオンモールの中や
百貨店の中にもあるので、住んでいる場所によっては、満員電車で都心部へ
子連れ出勤等の大変な思いから解放されて、ご近所通勤や車通勤も可能になるかと思います。

三井不動産、阪急電鉄、大和ハウスなど数社が協賛パートナーとなり、ママスクエアに
仕事を依頼するスタイルなので、今後アウトソーシングが増えるとともに、ママスクエアの
店舗数も増えていく可能性も大きいかと思います。

また、職場には同じようにお子さんのいるママさんがたくさん働いているので、
子供の急なトラブル等でも協力しあえそうですね。これからパートで働きたいママさん、
子供のそばで成長を見守りながら働きたいママさんなどにオススメの企業です。

昔に比べて、今は多様性のある働き方が出来るようになってきました。
在宅ワークで働きたいけど預かり先が見つからない、子供のそばで働きたいなど、
「保育園に預ける」という選択肢以外にも目を向けてみると、お子さんとご自分に合った
働き方が見つかるかもしれません。

関連記事

ライフプランの窓口について 相談theme お金のコラム お知らせ FPに相談する